西洋医学と漢方

西洋医学と東洋医学を比較

西洋医学と漢方 医学には、西洋医学と東洋医学というものがあります。現代医療においては、西洋医学が優勢となっております。病院に行っても、ほとんどは西洋医学を基にした診療をされます。しかし、最近では東洋医学が世界的にも注目を集めており、その東洋医学の代表的なものとして知られているのが、漢方薬です。漢方薬といえば、高齢者が多く服用するものというイメージがありますが、まさにその通りで、漢方薬は高齢者にとって適しているお薬と言えます。
その理由のひとつに、副作用があまりないということが挙げられます。西洋医学の薬は、確かに効き目はあるのですが、それと表裏一体となって副作用が存在します。西洋医学の薬を飲んでいる限り、副作用を避けることはできません。一方、漢方薬の場合には副作用が比較的少ないといわれております。仮に若年者と高齢者が同じ西洋医学の薬を飲んでいたとすると、高齢者のほうが副作用が発現しやすい傾向にあります。副作用との距離が近い高齢者だからこそ、副作用の可能性が少ない漢方薬は適していると言えるのです。

Copyright(c) 西洋医学と東洋医学 All Rights Reserved.